信頼と実績を重ねた税理士として京都市でエクセルを使用した記帳システムを提案

[営業時間] 9:00 〜 17:00 ※時間外対応可能
[定休日] 土,日,祝

会計

会計は京都市の山本雅一税理士事務所にお任せください

会計

パターン① 自社で経理を行っている

 すでに自社で経理の人材を立てて管理をできているが、専門家である税理士からアドバイスをして欲しいという経営者様は少なくありません。山本雅一税理士事務所ではお客様のご希望に応じて訪問・郵送・通信でのサポートを行っております。プロとしての目線で的確なアドバイスを行わせていただきます。

パターン② 今後会計ソフトの導入を考えている

 今後自社で経理を行っていくことをお考えのお客様にはおすすめの会計ソフトのご案内から運用までサポートいたします。世間一般で広く使われている「弥生会計ソフト」は弊所でもおすすめしております。

パターン③ 自社で経理するのは負担が大きい

 自社で経理すると経営状態が常に把握出るのはわかっているけど、時間的余裕もなく、簿記会計の知識もないので記帳代行を依頼している方はたくさんいらっしゃいます。
 しかし、税理士に記帳代行から経営サポートまで依頼するとかなりの料金になってしまいます。負担が大きいと感じておられる方も多いのではないでしょうか。
 小規模経営で、経理に時間を割けない方でもお小遣い帳くらいは記帳しているのが通常です。これさえないという方もいますが、さすがにそこまで行くのはお勧めできません。あまりにどんぶり勘定すぎます。
 そんなお客様の為に山本雅一税理士事務所では自社独自のシステムであるエクセル「カンタンお小遣い帳」を開発運用しています。このシステムはお客様に日々の入出金を記録するお小遣い帳と役割は同じです。どなたにも馴染みのあるエクセルでできているので、簡単な操作ができるかたならどなたでもカンタン、スピーディーに記録できます。便利カンタン機能が充実しているのでとても使いやすいものです。このお小遣い帳の本当の実力は、弊所で使用している会計ソフトと連動運用することで驚くほどの業務効率化が実現できる点です。この効率化の成果をお客様に料金面で還元することができる点です。驚くほどの低料金を提案しています。
 今まであったようで無かった画期的なものです。もちろんお客様に行っていただく以上、使ってもらうお客様の使いやすさや作業負担の軽減が必要不可欠です。お小遣い帳なので、簿記や勘定項目などの知識、勉強は一切不要です!負担感ゼロと言っても過言ではないでしょう。忙しい本業に支障が生じることはありません。本業に集中していただけます。
 このお小遣い帳を使っていただくことで、お客様に料金面で大幅な還元ができますので、低料金の利益を享受していただいても結構ですし、経営支援面でのサポート料金に回していただいても結構です。ご事情に合わせてお客様に自由に選んでいただきます。
 これを機にぜひこのエクセル「カンタンお小遣い帳」の導入いただき、低料金、経費削減ををお考え下さい。

エクセル「カンタンお小遣い帳」のメリット

 そもそもなぜ会計ソフトという便利なものがあるのに、結局は税理士への依頼をすることになってしまうのか?というのは以下の理由がほぼ100%だと思います。
・そもそも人手や時間が足りない
・会計や経理の為に簿記や勘定科目等の勉強は出来ないしやりたくない
 
 しかし、結果税理士に記帳を依頼すると結構な料金になってしまうのです。顧問料もコストです。できるだけ抑えたいところでしょう。
 自社での経理負担を抑えつつ、記帳依頼のコストも抑えたいと思いませんか。 一見矛盾する希望が、今後エクセル「カンタンお小遣い帳」を使用することで実現できるのです。
・毎日の出入金を記録するだけなので、少しの時間でOK(負担にならない)
・簿記や勘定科目等の勉強は一切不要(あたしく勉強する必要がない)
という形で解消することができます。
 経営に際して自社の経営状況を知っていくということは非常に大きな要素となります。かんたんお小遣い帳を使用することで、毎月の試算表(経営状況)をスピーディーに作成し、お届けできるようになります。早い経理情報入手で今後の経営をより良くしていくという+αと考えていただいたらいかがでしょう。

記帳作業が驚くほど簡単で効率的と話題を集めています

 弊所での作業を劇的に効率化できるから低料金実現と聞くと、さぞかし難しいことをしなければならないのではないかと心配になりませんか。
 全く心配いりません。効率化とは業務改善の工夫の結果です。どこかに負担が生じているものではありません。お小遣い帳なので日々のお金の出し入れを記録するだけです。ほかに何か作業があるわけではありません。
 エクセルを使用して驚くほど簡単にお小遣い帳記録作業が完了するよう設計しております。興味をお持ちの方は京都市を拠点とする山本雅一税理士事務所にお問い合わせください。

自社経理の負担と記帳依頼料金コストのお悩みが解決します
(こんなスゴイ解決策があったのか!)

 会計ソフトを導入したものの「簡単にできると聞いていたけど、けっこう難しい。時間がかかる。」「AI活用などと効率的と言われたけど、けっこう煩雑で面倒くさく、いうほど効率的でない。」とハードルの高さや障害でお悩みの方が多いようです。
 一方では、外部の専門家の記帳代行サービスに全てを任せてしまっている企業様は、料金面で高額になってしまい負担が大きくなったり、税理士事務所での作業に時間を要するため、試算表が届くのが遅くなってしまい経営に生かしきれない問題をかかえています。
 このような自社で経理した場合の作業負担の大きさと記帳依頼した場合のコストの大きさとにお悩みの企業様はたくさんいらっしゃいます。
 このようなお悩みを一挙に解決する方法を考案し、経営者様のご負担をできるだけ減らしながら料金面でもご満足いただけるシステムとして構築し運営しております。
 会計業務を遂行する上で重要なことをわかりやすくシンプルにお伝えし、「数字に強い経営者」になれるようバックアップいたしますので、会計でお悩みの方はぜひご利用ください。

使用する方の視点に立って工夫を凝らした「快適エクセル出納帳」

 どなた様にとっても馴染みのあるエクセルソフトに会計プログラムを組み込むことで、これまでとは全く異なる形式の出納帳システムを開発することに成功しました。プログラムとして組み込んであるので使用する方が操作する必要がなく、難しい操作は一切必要ありません。
 このシステムを京都市にある税理士事務所で運用している会計ソフトとデータ連携をさせることで会計業務の効率化を実現し、経営者様には低料金という面で大きなメリットを感じていただきます。
 簿記会計の知識が不要なだけではなく、驚くほどスピーディーに記録できます。小学生の頃に記入していた「お小遣い帳」のような感覚で気軽に作業を行い、使えば使うほどに設計思想が理解できてさらに快適さが向上するという特長があります。言葉で伝えにくいコツ(設計思想)のようなものがだんだんわかってきますので、そうなるとどんどん記録スピードが速くなってきます。ほんとうです。通常Excelでは生じないことです。お客様だけでなく弊所でも使用する目的で設計していますので、使う人に優しいを追求した結果です。まだまだお伝えできない驚きの工夫が詰まっています。単なるAIやIT技術ではなく、使い手のことを一番に考えた会計システムとしてご好評いただいておりますので、ぜひご検討ください。

自社でカンタン自社経理
(エクセルかんたんお小遣い帳と会計ソフトを自社で組み合わせることで簡単に自社経理ができてしまう…こんなスゴイ方法があったのか!)

 弊所では、まずエクセルかんたんお小遣い帳をつかって記録します。会計ソフトに連動していますので、データを会計ソフトに取り込んで会計帳簿を作成しています。会計ソフトに直接入力する方法がオーソドックスな方法ですが、時間がかかり非効率なのです。弊所では効率化改革を進めたところ、会計ソフトに直接入力するのではなく、その前段階でプログラムを組み込んだエクセルに記録することで会計ソフトが必要とする会計データを効率的につくってしまいます。会計ソフトと連動していますので、結果としてエクセルにお金の出し入れを記録するだけで会計帳簿が出来上がっているのです。弊所でも特別な会計ソフトを使っているわけでなく、一般ユーザー向けの会計ソフトを使用しています(有名な弥生会計です)。したがって、弊所の会計環境と同じものをお客様も会社に導入するだけなのです。もちろん継続的に経理サポートしていきますので常に安定運用を支援します。
 どうでしょうか。簿記知識全く必要なしのエクセル記録だけなので、新しく簿記の勉強をする必要もないし、エクセル記録だけなので、忙しいお客様の負担になることもありません。それでもって、自社に会計課があるような状態がつくれるのです。しかも低料金です。

会計を経営戦略に生かすといいますが、必要なのでしょうか

 会計情報を経営戦略に生かす。即断即決の意思決定に生かすといった内容の説明がよくなされていますが、違和感を感じている企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。あながち外れているわけではありません。企業様の業務形態、企業規模によるのです。多くの商品、多くの店舗で事業をなさっている会社では、遅い情報など経営戦略に役に立たない。毎日の最新情報が必要。となるでしょう。反対に商品の種類も少なく小規模で安定的な経営をしている方に経営戦略、意思決定といってもピンとこないのは当然でそのとおりなのです。全ての企業がお何幼な状態ではないので、自社に必要な会計の仕組みを構築するのがいいのです。そこを専門家の目で最適の状態をアドバイス、サポートするのです。弊所にお任せいただいたら最適の経理状態を構築します。

最近の会計ソフトはAI活用で全自動のような説明です。
AI活用ソフトの方が便利なのではないでしょうか?

 確かに最近の会計ソフトでは、AI活用をうたい文句に全自動であるかのような説明があふれています。どんなに使いやすいといっても全自動とはなりません。結構手間がかかりますし、簿記知識も必要です。使ってみるとわかりますが、そんなに便利で全自動ではありません。弊所も使ってみて実感しています。なせそのようなことが起こるかというと、企業規模がここでも影響しているのです。企業規模が大きく専門の部署がある場合は、定型的な業務を集中してしますので規模の利益が発生し、無駄が生じませんのでAI活用も効率的なのです。しかし、小規模の場合はAI活用システムをあえて使う意味がないのです。活用するとかえって非効率となるのです。弊所でもお客様によってはAI活用をお勧めしています。お客様の状況に併せて最適のプランをアドバイスしているのです。
 弊所ではお客様にとって何が最適かを追求しているのです。弊所と一緒に最適のシステムで、経理環境を整えませんか。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。