京都市で地域密着の活動を続ける税理士として融資についての初回無料相談を実施します

[営業時間] 9:00 〜 17:00 ※時間外対応可能
[定休日] 土,日,祝

融資・資金調達

融資のご相談は京都市の山本雅一税理士事務所へ

融資・資金調達

豊富な経験と実績でスムーズな融資・資金調達をサポートします

 京都市に拠点を置く税理士として、経営を安定化させ、業績アップを達成するために必要な資金繰り・融資サポートをはじめ、創業時に活用できる金融公庫の紹介から事業計画策定まで幅広くお手伝いいたします。長年に亘る経験と実績に基づくノウハウを活用し、現状を正確に把握・分析しつつ長期的な視野で適切な資金調達ができるようバックアップいたします。
 夢を抱いてビジネスの世界に飛び込む方、会社の未来を担う責任やご不安と戦っている経営者様の良きパートナーになれるよう丁寧に支援します。ぜひご相談ください。

金融機関・融資制度の選択や資金調達のための準備でお悩みの方へ

金融機関・融資制度の選択や資金調達でお悩みの方へ

 業種や業態に関わりなく、経営者様にはそれぞれに思い描く成長のビジョンがあり、その目標を達成するために金融機関からの融資によって首尾よく資金調達をしていきたいとお考えになっているはずです。しかし、「融資を受けたいと考えているものの、どうすれば審査に通るかわからない」「資金調達においてリスクが低い方法を教えてほしい」というお悩みやご要望をよく耳にします。
 それぞれの企業様の財務状況を正確に把握し、資金繰りのための融資や創業融資など、希望される通りの額を借りられるよう多角度からサポートいたします。特に、資金を貸す側の金融機関の視点に立ったアドバイスや、政府系の「日本政策金融公庫」からの融資を成功させるための前準備におけるサポート実績が豊富ですので、ぜひ気軽にご相談ください。

信頼を勝ち得るための書類作成でスムーズな資金調達をサポート

 資金調達を成功させるためには、金融機関側からの信頼をどのように勝ち得るかというポイントが重要です。いつ、どのような時期に資金が必要で、どのタイミングで設備投資をするかなどの経営判断に重要な「資金繰り表」は、事業計画書と合わせて銀行への返済能力を示す上で必須書類となりますが、その作成を代行いたします。
 そのほかにも、金融機関が「金融検査マニュアル」に基づいて行う格付けを上げるためのふさわしい「決算書」や、信用保証協会付き融資のために重要な「中小企業の会計に関する指針」に基づくチェックリストの作成など、前段階での準備を徹底的にサポートすることが可能です。豊富な経験に基づいて、現状を正確に把握した上でふさわしい金融機関や融資制度を紹介しますので、ぜひお任せください。

初回無料相談を実施している京都市の山本雅一税理士事務所へ

 銀行であれ、日本政策金融公庫の融資制度であれ、税務の専門家のサポートを活用することによって、できるだけ良い条件でスムーズな資金調達を受けられる可能性がかなり高くなります。融資を受けたいと思いながらも、銀行の担当者へのプレゼンが上手くできなかったり、書類の作成方法がわからなかったり、そのための時間がとれなかったりと、「自分にはハードルが高い」とお感じの方をぜひ支援したいと願っています。
 料金については、着手金が5万円+消費税となっており、融資が成功した場合には成功報酬に充当されるため、気軽にお申し込みいただけます。サポート内容や料金の詳細についてさらに詳しくお知りになりたい方のために、初回無料相談サービスを提供しておりますので、まずは気兼ねなくお電話ください。 

銀行融資の相談

 じつは、銀行からの融資を受けるにはコツがあります。銀行はお金を貸して、利息を得ることが仕事ですから、この人は、ちゃんと借りたお金を、銀行に返済してくれる人か?を見てきます。では具体的に、どうやってチェックするかというと
 

・起業のための資金はどうやって集めたか
例えば・・・過去、半年の通帳をチェックされることがあります。コツコツと貯金した資金だと、銀行もお金の管理ができる人だと評価します。
 

・過去に破産や信用事故がないか
実は、ある機関に問い合わせることで調べることができます。役員が破産などの経験があると融資を受けることができません。
 

・どのような事業展開を考えているか
 

 経営の基本方針、会社の利益計画、資金計画を事業計画書で社長が説明します。なので、銀行がこの人ならお金を貸しても大丈夫だ!と思ってもらうために説得力のある事業計画を作成する必要があります。
 過去に破産などの経験がある場合、家族に役員になってもらう等、融資を申し込む前から融資の可能性を高めるための対策をする必要があります。 

 当事務所で銀行融資のお手伝いをさせていただく方からは・・・
・銀行融資を受けたいけど、何から手をつけたらいいのか?
・前の税理士に相談したけど、今は融資は必要ないと、一言で片付けられた
・個人事業だから、銀行に相手にされないんじゃないか?
・法人だけど、決算が赤字だ。融資は無理かなぁ。
とご相談をいただきます。


 銀行融資のサポートをさせていただき、個人事業(初めての起業)でも融資が獲得できた方や、2期連続赤字でも、運転資金の借り入れに成功した方もいらっしゃいます。

融資サポートをご利用いただくメリット

・自分で銀行へいかなくても、そもそも融資が可能なのか
銀行融資担当者との繋がりがありますので、事前に複数の銀行へ問い合わせをします。
・銀行へ申し込むにあたって、借入を有利に進めるために
お客様から事業内容をヒアリングしながら事業計画書を作成します。(しっかりと返済できる根拠を銀行へ示すための書類です)
・銀行との面談の前に、想定される銀行からの質問に対して答えを準備しておきます。
当日、緊張して事業計画をうまく伝えれなかった!ということがないようにします。

 希望した金額より融資が少なくなった場合や、断られてしまった場合にも1つの銀行だけで終わるのではなく、次の銀行へ融資の申し込みをします。 

銀行融資を受けるための豆知識

 例えば、京都で融資を受けようとする場合は・・・
融資を依頼する候補として、以下の銀行があります。
・日本政策金融公庫
・地元信用金庫
・地元地銀
 日本政策金融公庫は、100%国が出資している銀行で、個人事業主や中小起業を応援するための融資制度が充実しています。信用金庫や、地銀を利用する際は、最初の融資は信用保証協会の保証が条件となることが多いです。京都市の場合は、京都信用保証協会があります。

当事務所へ銀行融資のサポートを依頼した場合の料金について

着手金
5万円+消費税
成功報酬
融資額の3%+消費税

※着手金は、融資が成功した場合の成功報酬に充当されます。融資が実行されなかった場合、着手金は返金されません。

例)1000万円の融資が通った場合

着手時にお支払いいただく金額
52,500円
成功報酬
315,000円
融資成功後にお支払いいただく金額
315,000円-52,500円=262,500円

日本政策金融公庫の融資について

創業時にオススメの融資

創業時の会社様が活用できる融資制度があります。いくつか種類がありますので、ご紹介します。

新規開業資金

 新たに事業を始める方や開業7年以内の方であれば、最大7,200万円(うち運転資金4,800万円)までの融資を受けることができます。
 返済期間は設備資金であれば20年以内、運転資金であれば7年以内となります。  
なお、ご利用いただける方は下記に該当する必要があります。
●現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
(1)現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
(2)現在お勤めの企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方
●大学などで修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
●技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
●雇用の創出を伴う事業を始める方
など

女性、若者/シニア起業家支援資金

 女性または30歳未満の若者、55歳以上のシニアの方が事業を始める場合、最大7,200万円(うち運転資金4,800万円)まで融資を受けることができます。
 新規開業資金と同様に返済期間は設備資金であれば20年以内、運転資金であれば7年以内となります。

新創業融資

 新たに事業を始めてから事業開始後2期目の申告を終えていない場合、最大3,000万円(うち運転資金1,500万円)まで融資を受けることができます。 
 返済期間は設備資金であれば10年以内、運転資金であれば5年以内となります。

普通貸付

 普通貸付は事業を営むかたであれば、ほとんどの方が利用できます。
 融資限度は4,800万円(特定設備資金であれば7,200万円)の場合で、返済期間は設備資金であれば10年以内、特定設備資金であれば20年、運転資金であれば5年以内となります。 

事業計画のポイントとは?

事業計画の基本構成

事業計画の基本構成は下記の通りです。
(1)内部環境分析
(2)外部環境分析
(3)事業目的・内容
(4)計画
上記4点を踏まえた上で、融資が通る計画書作りを行う必要があります。

よくある申請が失敗するケース

・具体的な計画を立てていない
 目標・実現したいことを語り続ける方の中で、計画が不明確であるケースが多々あります。
想いを伝えることも大切ですが、想いは程々にして、肝心の事業計画を説明する必要があります。 
また、アイデアベースの企画をするのではなく、実現性の高い事業計画を立てましょう。
 
・低価格事業
 既存の市場よりも低価格サービスで実現する、といった事業は高確率で「失敗するであろう」と評価されます。

融資申請が通る評価される計画づくりとは?

融資計画のポイント

(1)目的が簡潔である
(2)自社が取り組む理由が明快である
(3)具体的な独自性がしっかりしている
(4)収益力の論拠がしっかりしている
 上記4点は、計画書の中で欠かせない「よく見られる」ポイントです。資金調達の前に再度計画を見直してください。 
 目標・実現したい想いも大切ですが、それよりどのようにアプローチしていくか、という到達するためのプロセスに軸を置いた計画が高く評価されます。

日本政策金融公庫で融資を受ける5つのメリット

 創業期に日本政策金融公庫で融資を受けることは、先々も考えるとプラスが大きいです。
●通常の銀行で融資を受ける場合
●日本政策金融公庫で融資を受ける場合
どちらが良いのか、疑問はありませんか?そこで、日本政策金融公庫で融資を受けるメリットをご紹介します。

(1)創業期に融資を受けやすい!

 実績のない創業期に通常の銀行(民間金融機関)から融資を受けるのは非常に困難です。
一方で、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」や「中小企業経営強力化資金(専門家支援付融資)」等の商品は、これから新たに事業を始める方や事業を始めて間もない方でも借りやすい融資であると言われています。
 日本政策金融公庫の場合であれば、未来の計画や事業性を考慮してもらえるので、通常の銀行よりも創業期の融資実行確率が高いと言われています。
 創業期、売上・利益等の実績が無かったとしても特別に事業資金を借りることができます。

(2)低金利(利率1%台前半)で融資が受けられる!

 日本政策金融公庫の融資は、通常の銀行で受ける融資よりも低金利であることが特徴の一つです。さらに、創業融資に精通した専門家を活用することで、より利率を下げることが可能です。ご自身だけで申請した場合に受けられる融資は、利率が2%台前半である「新創業融資制度」が一般的です。
 ですが、創業融資に精通した専門家を通して融資申請をした場合は、利率が1%台前半である「中小企業経営力強化資金(専門家支援付融資)」という融資を受けることができます。

ご自身だけで申請した場合
専門家を通して申請した場合
商品名
新創業融資制度
中小企業経営力強化資金(専門家支援付融資)
利率
2%台前半
1%台前半
支払い利息総額(7年返済融資額1,000万円の場合)
約100万円
約50万円

ご自身だけで申請した場合と専門家を通して申請した場合、7年返済融資額が1,000万円だとすると、支払利息の差額は50万円です!
専門家へ融資申請サポートの報酬を支払ったとしても、10万円以上のお釣りが見込めます!

 基本的に、創業期に民間金融機関で融資を受ける場合だと、無担保・無保証で借りることができず、借り入れの際には株や貴金属・土地建物などお金に換えられるモノを担保にする必要があります。
一方で、
●新創業融資制度:原則不要
●中小企業経営強力化資金(専門家支援付融資):融資限度額のうち2,000万円まで無担保・無保証
等、日本政策金融公庫の商品は基本的に無担保・無保証人で融資を受けることができます!

(4)固定金利で融資が受けられる!

 金利には「変動金利」と「固定金利」があり、通常の銀行では多くが「変動金利」を設定していることが一般的ですが、日本政策金融公庫の融資の特徴の一つして、「固定金利」で融資が受けられることがあります。
 「変動金利」とは名称のとおり市場の金利動向により利率が変動する制度であり、金利負担増減の予測が困難です。一方で、最後まで金利が変わらない制度が「固定金利」であり、将来の金利負担増加の心配が無い点がメリットとして大きいです。もし、世間一般の金利が上がったとしても、固定金利の場合は返済額が増加することが無く、資金繰りが安定します。
 逆に、世間一般の金利が下がったとしても、一旦全て返済し、同額の融資を受けてしまえばより低金利な利息を負担することができます。特に資金の余裕が大きくはない創業期には、市場の金利動向に左右されない「固定金利」であることはメリットとして大きいです。

(5)日本政策金融公庫の融資を受ける→他銀行からの評価UP!

 日本政策金融公庫は、民間の金融機関を補完することを目的としており、中小企業や自営業者に対しても民間の銀行よりも融資を積極的に行っていますが、まずは日本政策金融公庫の融資を受けることで「信用実績」をつくることができ、結果的に他銀行に対しての評価を上げることが可能です。
 評価が上がることで、日本政策金融公庫の融資と他銀行の融資を合わせ、金額が大きい融資を受けることも可能です。創業期でも融資を受けやすい日本政策金融公庫を活用することで、先々の事業拡大に伴う資金調達に備えることができます。

創業期は専門家活用の日本政策金融公庫の融資がオススメ!

 日本政策金融公庫の融資をご自身で申請しようとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、専門家を活用することで“好条件”かつ“高確率”で“スムーズ”に融資を受けることが可能です!
 創業期の会社・事業主にオススメの日本政策金融公庫の融資制度はご存知でしょうか?いくつか種類がありますので、ご紹介します。

オススメNo.1! 「中小企業経営力強化資金」

●融資限度額7,200万円(うち運転資金4,800万円)
※融資限度額のうち2,000万円までは、無担保・無保証人で利用可能
該当者
次のすべてに当てはまる方
1.経営革新又は異分野の中小企業と連携した新事業分野の開拓等により市場の創出・開拓(新規開業を行う場合を含む。)を行おうとしている
2.自ら事業計画の策定を行い、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律に定める認定「経営革新等支援機関」による指導及び助言を受けている

オススメNo.2! 「新創業融資制度」

●融資限度額3,000万円(うち運転資金1,500万円)
 ※原則無担保・保証人
該当者
下記、1~3のすべての要件に該当する方
1.創業の要件
 新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方
2.雇用創出、経済活性化、勤務経験または修得技能の要件次のいずれかに該当する方
 ただし、本制度の貸付金残高が300万円以内(今回の融資分含む)の女性(女性小口創業特例)については、本要件を満たすものとする
(1)雇用の創出を伴う事業を始める方
(2)技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
(3)現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
 (ア)現在の企業に継続して6年以上勤めた方
 (イ)現在の企業と同じ業種に通算して6年以上勤めた方
(4)大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上勤めた方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
(5)産業競争力強化法に規定される認定特定創業支援事業を受けて事業を始める方
(6)地域創業促進支援事業による支援を受けて事業を始める方
(7)公庫が参加する地域の創業支援ネットワークから支援を受けて事業を始める方
(8)民間金融機関と公庫による協調融資を受けて事業を始める方
(9)既に事業を始めている場合は、事業開始時に(1)~(8)のいずれかに該当した方
3.自己資金の要件
 事業開始前、または事業開始後で税務申告を終えていない場合は、創業時において創業資金総額の10分の1以上の自己資金を確認できる方
 ただし、以下の要件に該当する場合は、自己資金要件を満たすものとします。
(1)前2(3)~(8)に該当する方
(2)新商品の開発・生産、新しいサービスの開発・提供等、新規性が認められる方
 (ア)技術・ノウハウ等に新規性が見られる方
 (イ)経営革新計画の承認、新連携計画、農商工等連携事業計画、地域産業資源活用事業計画又は地域産業資源活用支援事業計画の認定を受けている方
 (ウ)新商品・新役務の事業化に向けた研究・開発、試作販売を実施するため、商品の生産や役務の提供に6ヵ月以上を要し、かつ3事業年度以内に収支の黒字化が見込める方
(3)中小企業の会計に関する指針または基本要領の適用予定の方

●融資限度額7,200万円(うち運転資金4,800万円)
該当者
次のいずれかに該当される方
1.現在勤めている企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
(1)現在勤めている企業に継続して6年以上勤めた方
(2)現在勤めている企業と同じ業種に通算して6年以上勤めた方
2.大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上勤めた方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
3.技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
4.雇用の創出を伴う事業を始める方
5.産業競争力強化法に規定される認定特定創業支援事業を受けて事業を始める方
6.地域創業促進支援事業による支援を受けて事業を始める方
7.公庫が参加する地域の創業支援ネットワークから支援を受けて事業を始める方
8.民間金融機関と公庫による協調融資を受けて事業を始める方
9.1~8のいずれかを満たして事業を始めた方で事業開始後おおむね7年以内の方

女性、若者/シニア起業家支援資金

●融資限度額7,200万円(うち運転資金4,800万円)
該当者
女性または30歳未満か55歳以上の方であって、 新たに事業を始める方や事業開始後おおむね7年以内の方

普通貸付

●融資限度額(運転資金・設備資金)4,800万円
●融資限度額(特定設備資金)7,200万円
該当者
ほとんどの業種の中小企業の方が利用可能
※金融業・投機的事業・一部の遊興娯楽業等の業種の方は利用不可

創業期は専門家活用の日本政策金融公庫の融資がオススメ!

 上述のとおり、創業期にオススメの日本政策金融公庫の融資は多数あります。そして、日本政策金融公庫の融資をご自身で申請しようとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、専門家を活用することで“好条件”かつ“高確率”で“スムーズ”に融資を受けることが可能です!
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。