法律問題に自信を持つ税理士として京都市周辺での税務調査への対応をサポートします

[営業時間] 9:00 〜 17:00 ※時間外対応可能
[定休日] 土,日,祝

税務調査

法務系税理士として京都市での税務調査に対応します

税務調査

突然の税務調査でもしっかりサポートします

 「予期していないタイミングで税務調査の連絡が入って、焦ってしまった」という経験をお持ちの経営者様は多いかもしれません。税務調査は申告の内容を確認するものであり、主には売上や経費として計上した内容が適正かを調べます。
 税法を基本として法律に精通した税理士として、税務調査において企業や経営者様の基本的な権利を擁護するという視点で、高い交渉力でサポートいたします。京都周辺の方は気兼ねなくご相談ください。

税務調査についてのご心配は京都市の山本雅一税理士事務所へ

 税務調査は、正しく税務申告しているかを確認するためのものです。毎年、全法人の約6%にあたる20万件が実施されており、10年に一度調査が入る確率となります。法人であれ、個人事業主であれ、調査を受ける可能性が常に存在します。
 経営者の皆様からいただくご相談やお問い合わせでは、初めて調査を受ける際に「どのように対応すればよいか」「上手に説明できるだろうか」「追徴課税を受けたらどうしようか」といったご心配のお声をよくお伺いします。実績のある専門家としてしっかりとしたアドバイスやサポートを行いますので、安心してお任せください。

税務調査を法律問題としてとらえ権利を守るために支援します

税務調査を法律問題として捉え、皆様の権利を守るためにサポートします

 法律面を重視する基本的な考えに基づいて企業様・経営者様をサポートしてまいりました。税務調査における交渉やアドバイスから、調査後の会計面の改善までトータルサポートが可能です。経営者様は「節税対策」と考えていた事が、税務調査の担当調査官の目には「脱税である」と映るケースが多々あります。京都で法律に関する研究と知識を重ねてきた税理士として、そのような場面で的確な根拠に基づく法解釈を提示し、しっかりと交渉いたします。
 税務調査においての対立は純粋な法律問題であるケースが多いため、単に税金の計算の仕方を知っているだけではなく、時に強引な一面の多い税務調査から国民の正当な権利を守ることが重要であると考えています。税務調査に関してお悩みの場合は、ぜひ気軽にご相談ください。

実績と経験で税務調査への対応をお任せください

 税務調査で企業としての利益が損なわれないようにするためには、税法についての知識はもちろんのこと、多くの研究・経験・実績に基づく交渉力が重要です。京都市エリアで実績多数の税理士として、調査が行われる際にどのようなポイントで追及される可能性があるかといった点など、税法上はグレーゾーンにあたる部分の解釈などに精通しています。
 ペナルティーとして発生する追徴額を抑えるのはもちろんのこと、安心して税務調査に臨めるというのは、経営者様にとって何よりも大きなメリットになることでしょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。