節税に関するご相談は京都市で信頼と実績を重ねる山本雅一税理士事務所へ

[営業時間] 9:00 〜 17:00 ※時間外対応可能
[定休日] 土,日,祝

節税

京都市の税理士として有効な節税対策で経営を支援します

節税

節税の効果的な方法や法律の解釈でお悩みならぜひご相談を

節税のポイント

 経営者の方で節税に興味のない方はいないかと思います。しかし、

 

①どうやったら節税をできるのか

②税務署はどこまでだったら許容してくれるのだろうか

③そもそも節税は会社にとっていいことなのか

 

などが分からない方が大勢いらっしゃいますが専門家ではない以上、当たり前です。弊所ではこれらについてしっかりアドバイスいたします。①については税法を知っている必要があります。②については、税法以外にも実務知識が必要です。③については中々難しい問題で、節税していい会社といけない会社があります。資金調達の問題と深く関係してきますので、実態に応じて判断していくことになりますので、その点も踏まえてアドバイスをさせていただきます。

会社の現状を見極める

 山本雅一税理士事務所では、節税分野に関係する税務調査対応にも力を入れております。ですので企業の実態に応じた節税を適時、適切にアドバイスすることができるのです。その中でもいわゆるグレーゾーンといわれるものがあり、明確な線引きが難しいものもあります。許容の解釈も調査官ごとに若干の違いも出てくる部分です。まさに税の実務という部分です。
 また節税の良し悪しについては、銀行融資との関係が絡んできます。資金調達が必要ない経営をしている会社は、銀行から融資を受ける予定がないということになります。ですので税金を減らすために法の範囲内で節税を行っても、自分会社の運転資金に影響しないなら自由にできるということです。逆に銀行融資を受けなければならない会社は、節税をしすぎると経営成績がよくならないので、銀行から見て会社の信用力が低下してしまいます。信用力の低い会社は銀行の融資審査に通りにくいのです。返済能力に疑問がる会社に融資をためらうのは当然ですので、何も難しいことではありません。しかし、自社の決算書を見て信用力があるかないかの判断ができない経営者が大勢いらっしゃるのも現実です。

 弊所では会社の現状をしっかりヒアリングして、相応しいアドバイスを行っております。まずはお話をお聞かせ願えればと思いますので、お気軽にご連絡ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。