京都市で顧問変更をご検討中の方は山本雅一税理士事務所にご相談下さい

CONTENTS

税理士の変更

税理士変更をお考えの方は多いと聞きます。理由は以下の「こんなお悩みの方へ」にあるとおりです。
 弊所は、このことをよく理解しているから望まれる税理士事務所とは何かを常に追求し、お客様満足に貢献できるよう努力しています。

顧問先になっていただいた方からは満足のお声を頂戴しています。

こんなお悩みの方へ

 

  • 申告以外何もしてくれない
  • 料金面で適正なのか不安がある
  • 敷居が高く、相談しにくい
  • 担当が税理士資格のない職員で、相談できない

 

当事務所の税理士の変更とは

税理士への不満はなぜ生じるのか

大きく分けて料金面の問題とお客様対応の面の問題があると思います。料金面では開業後年数とともに顧問先の料金対業務量水準が高くなっていく傾向があると考えられます。そうなると事務所の料金対業務量水準以下の仕事は受けにくいということになるでしょう。
 対応面では、業務範囲の問題と事務所規模の問題があります。従来の業務範囲は記帳と申告を中心としたものですが、現在多く求められているのは、経営アドバイスまで欲しいという要望が多く、これに応じている新しい事務所があるという二極化の問題があります。経営アドバイスができない税理士事務所はお客様からご満足いただけないのです。
 また、事務所は顧問先の数が多くなるに従い職員雇用を通じて大規模化します。そうなると、顧問先を担当するのが職員となり、税理士が1社あたり直接対応する時間が物理的に少なくなってしまうことです。

 いずれも理屈から考えてその傾向は理の当然で、容易に想像できます。多くの税理士事務所が抱える内在的問題といえるでしょうし、必然ともいえます。
 他の士業でも継続した関係の顧問先を持っている形態はあります。しかし、事務所の職員が顧問先を訪問して、相談やアドバイスは行わないでしょう。士業、専門家とはそういうものと考えます。業法上の問題にも抵触してしまいます。特に経営アドバイスや相談を希望されるお客様が 多くなっていることを考えると、職員まかせでいいのかとの疑問を感じます。士業とは何かを考え、常に原点を見つめる努力の先にお客様満足があると考えます。

税理士変更のタイミング

決算申告の直後が交代のタイミングとしては好ましいと考えます。そのタイミングをみすえて事前にご相談いただくのがよいと考えます。
その他のタイミングでも対応は可能です。ご相談ください

相談の秘密

現在、顧問税理士がいるわけですから、相談の事実が知れては困ります。ご相談いただいた場合の秘密保持はご懸念不要です。税理士の守秘義務としても規定されております。安心してご相談ください。

よくある質問

これまで、申告だけをお願いしてきましたが、顧問契約とした方がよいのでしょうか。
申告だけが目的なら顧問契約が絶対必要ということでもありませんが、多くの企業様が顧問契約いただくのは、税理士が確定申告のみを業としているわけでなく、企業の経営サポートもしており、融資、節税などの経営上の諸問題について提案、アドバイスを行いますので、そこに安心感を感じていただいているからです。資金面で可能であれば、顧問契約をお勧めします。弊所では、お客様への提案、アドバイスに力を入れていますので、顧問契約をお勧めしています。
他の税理士事務所との違いはありますか。
税理士事務所のサービス、料金はまちまちで、一律に違いをお答えできるものではありませんが、税理士を変更したくなる理由が、申告以外何もしてくれない、料金面で適正なのか不安がある、敷居が高く相談しにくい、税理士が対応といいながら資格のない担当者任せで何も相談できないといったところにありますので、弊所ではお客様満足を第一に考えておりますので、その面でもご満足いただけるようにしっかり対応できる点が違いといえます。
税理士の顧問料相場との比較では適正なのでしょうか。
顧問料は事務所によりまちまちで、同じ料金でも受けられるサービスやその質もまちまちなので、単純に比較できません。対応も資格のない職員任せの事務所もたくさんあります。
弊所は、Excelかんたんお小遣帳を使用いただくことで、会計事務の効率化に成功いたしましたので、料金面では業界平均よりかなり低料金となります。提供サービスとしては、お客様の相談、提案、アドバイスに力を入れていますので、充実したサービスとなっています。また、弊所では職員任せにせず、税理士が直接担当いたしますので安心です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。