無申告状態を脱出したいと願う皆様を応援する京都市の山本雅一税理士事務所

CONTENTS

無申告

無申告を続けた事情は様々で用が、これから適正申告をしていく事業者を応援します。

こんなお悩みの方へ

 

  • 無申告だった理由を聞かれないだろうか
  • 領収書などあまり残っていない
  • 他の税理士に断られた

 

当事務所の無申告とは

無申告を続けるデメリット

無申告を続けると、税務調査を受け、多額の追徴税や加算税が課されることになります。余分な税金を負担することになります。

企業の信用力も築けず、融資も受けられません。企業成長の妨げとなってしまいます。

領収書などの証拠資料

証拠資料は必要です。しかし、現時点で証拠資料がない場合でもあきらめることはありません。

今からでもできる資料集めの方法をご指導いたします。
もちろん証拠資料が十分でない場合は、様々なデメリットはあるでしょうが、できるだけ正しい申告に近づけます。

無申告である以上、相当の業務量となることはご承知いただく必要がございますが、正しい申告をしていく意思をお持ちの方を最大限支援いたします。

申告は、企業成長の前提条件です。

よくある質問

これまで、申告だけをお願いしてきましたが、顧問契約とした方がよいのでしょうか。
申告だけが目的なら顧問契約が絶対必要ということでもありませんが、多くの企業様が顧問契約いただくのは、税理士が確定申告のみを業としているわけでなく、企業の経営サポートもしており、融資、節税などの経営上の諸問題について提案、アドバイスを行いますので、そこに安心感を感じていただいているからです。資金面で可能であれば、顧問契約をお勧めします。弊所では、お客様への提案、アドバイスに力を入れていますので、顧問契約をお勧めしています。
他の税理士事務所との違いはありますか。
税理士事務所のサービス、料金はまちまちで、一律に違いをお答えできるものではありませんが、税理士を変更したくなる理由が、申告以外何もしてくれない、料金面で適正なのか不安がある、敷居が高く相談しにくい、税理士が対応といいながら資格のない担当者任せで何も相談できないといったところにありますので、弊所ではお客様満足を第一に考えておりますので、その面でもご満足いただけるようにしっかり対応できる点が違いといえます。
税理士の顧問料相場との比較では適正なのでしょうか。
顧問料は事務所によりまちまちで、同じ料金でも受けられるサービスやその質もまちまちなので、単純に比較できません。対応も資格のない職員任せの事務所もたくさんあります。
弊所は、Excelかんたんお小遣帳を使用いただくことで、会計事務の効率化に成功いたしましたので、料金面では業界平均よりかなり低料金となります。提供サービスとしては、お客様の相談、提案、アドバイスに力を入れていますので、充実したサービスとなっています。また、弊所では職員任せにせず、税理士が直接担当いたしますので安心です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。