これからは売上拡大が顧問サービスの中心

これからは売上拡大が顧問サービスの中心

これからは売上拡大が顧問サービスの中心

2020/10/19

売上拡大のコンサルティングに力をいれます

サブタイトル

税理士業務といえば、会計と税務申告が中心であることは言うまでもないことです。

しかし、経営者の求めるものは変化しており、経営の支援とりわけ売上拡大の支援を求めるように変化しています。

従来の「売上は社長が考えることで、税理士が口出しすることではない」との常識も変化しつつあります。

経営の相談はどこの税理士でも行っているものですが、守りの提言しかできていないのが実情と考えられます。

守りの提言も必要なことですが、厳しい経済環境を生き抜くには守りの姿勢だけでは、競争に勝ち残るのは困難です。

弊所では、売上拡大サポートに重点を置く事務所として、顧問サービスの重要課題と位置付けています。

売上というと数字では存在していますが、その実態は様々な構成要素のまとまりであることが分かります。

売上というものが単独で存在しているわけではありません。顧問先の売上という個別問題を扱う場合、売上が作られる構成要素を

分解し、一つ一つ検証を行っていきます。現在の売上は個々の企業独自の環境つまり前提の中で出来上がっているもので、個々の企業事情を離れて

存在するものではありません。他社の成功事例を単純に適用してうまくいくはずがないのです。新しく始める事業も結局は同じことで、リソースをどう活用するかの先に売り上げがあります。

売上の本質を書きましたが、売上以外の諸課題も同じことです。

売上拡大に取り組む税務顧問サービスに関心がおありでしたらぜひお問い合わせください。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。