山本雅一税理士事務所

コラム

コラム

COLUMN

【コラム】顧問契約

サブタイトル税理士に一旦依頼するとなかなか変更しづらいものがあります。それでもメリットデメリットを考えると変更した方が良い場合もあります。税理士との相性もあるでしょうし、税理士が期待通りの…

サブタイトル今日は、融資を受けるべきかどうかについて考えてみたいと思います。お金が足りなくなった時に、融資を受けようと思ってしまうことがあります。その場合、お金が足りなくなった理由をよく考…

サブタイトル今日は、融資審査の時に大切な社長のやる気について話ししましょう。融資審査には貸借対照表や損益計算書といった数値も大切ですが、実は社長のやる気というのがとても大切なのです。なぜか…

サブタイトル今日は税務調査の重要ポイントとなる重加算金についてお話ししたいと思います。単なるミスの場合は対象になりませんが仮装隠蔽といった隠したり、工作した場合などについては重加算税の対象…

サブタイトル今日は、銀行借入のことについて少しお話ししようと思います金融機関から借入を行うにはポイントは二つあります一つは融資申し込みの際に融資してもらった借入金を返済することができるとい…

サブタイトル会計ソフトを使う場合に勘定科目は絶対必要でしょうか。勘定科目を必要としない会計ソフトのほとんどは煩雑な質問にいくつも答えていかなければいけないタイプです。それでは煩わしい質問に…

サブタイトル今日は自計化が負担になるかどうかについて考えてみたいと思います。丸投げというような言葉もありますが果たして丸投げをすると楽なのでしょうか。自分で経理する場合は,あまり必要ありませ…

どうして税理士はみればわかる試算表を説明するだけなのか多くの税理士は、試算表、決算書を作成する専門家ですが、正しい試算表、決算書が作成できるからといって読み取る能力があるわけではありません…

決算書を社長自身が数字で説明できる。素晴らしいと思いませんか。銀行に対して決算説明を社長が数字で説明できることは、大きな信用となります。それだけではありません。会社の状態を数字で理解できる…

税理士の本業は、本来税務申告です。しかし、多くの経営者は、経営上の問題の相談にのってくれることを期待しています。多くの税理士事務所はこの期待に応えようと、経営支援を顧問サービスとしてアピー…

サブタイトル初めての税務調査に不安を感じている方は多いでしょう。無申告などではなおさらと思います。結論を言えば、法的に問題がない場合でも追徴となることはあります。不思議に思われる方もいるで…

サブタイトル出納帳というのは、通常単式簿記で小学生のころお小遣帳として記録した記憶がある方が多いと思います。実際そういうものです。したがって、簿記としての帳簿ではありません。お小遣い帳だけ…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。